2018-06-24から1日間の記事一覧

雨月物語

現代語訳で読んだ。円地文子さんの訳で。 古典はいい。現実と離れている。 遠く離れた昔のおはなし。 しっとりとしていて落ち着く感じだ。 五巻からなっていた。 巻の一 白峯、菊花の約 巻の二 浅茅が宿、夢王の鯉魚 巻の三 仏法僧、吉備津の釜 巻の四 蛇性…