読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひととと

会社の同期の子たちがとても素敵な子ばかりで尊敬する。

そんな素敵な子たちと一緒に入社できてよかったなあ。

 

はじめはどうせわたしなんかと人種がちがう、キラキラしたリア充なんだ、と凄く卑屈に思ってた。

実際にもキラキラしてるしリア充なんだけど、みんな感じよくて、ひけらかす感じとかなくて

こんな子たちと一緒にいることできて嬉しいな、って思う。

 

忘れたくないこと。

卑屈にだけはならないように。

謙虚さと卑屈は紙一重。

 

そんな子達と一緒にいれるだけ、自分もましな人間になろう。

 

 

卑屈にならない。理屈っぽくならない。

 

 

相変わらず人と話すときはキンチョーするし目も合わせられないけれど

人と関わることが社会で生きることなんだから

それなりに楽しみたいな。

 

まあときどき嫌になるんだけれども。

 

そんなときは現実から逃げてもいいんじゃないかしら。